泰阜村 :: 地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した地域再生計画の認定について

総務課

村づくり振興室

電源立地地域対策交付金事業

地域再生計画(基盤強化交付金)事後評価調書

協力隊の軌跡

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した地域再生計画の認定について

住民福祉課

振興課

農林水産

会計課

教育委員会

議会事務局

選挙管理委員会

税他使用料に関する情報

住民統計情報

財政

各種手続き

役場組織図

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した地域再生計画の認定について

地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)を活用した地域再生計画が認定されました

当村が申請を行いました以下の「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」につきまして、地方再生法に基づき内閣府より認定されました。

信州大学航空機システム共同研究講座における学生支援計画
~飯田下伊那地域で航空機を学ぼうプロジェクト~

本事業は、航空機産業の高度人材の育成を目指し、飯田下伊那地域14市町村が連携して、「信州大学航空機システム共同研究講座を支援するコンソーシアム」を通じ、高度人材の候補となる学生に対し支援を行うものである。

地域再生計画【泰阜村】(PDFファイル/323KB)

税制措置の内容

寄附を行った法人に対し、現行の損金算入措置による軽減効果(約3割)に加え、税額控除の特例措置(寄附額の3割)が適用され、寄附額の約6割に相当する税の軽減措置を受けることができます。

〈税目ごとの特例措置の内容〉

(1) 法人住民税

寄附額の2割を税額控除(法人住民税法人税割額の20%が上限)

(2) 法人税

法人住民税の控除額が、寄附額の2割に達しない場合、寄附額の2割に相当する額から 法人住民税の控除額を差し引いた額を控除(寄附額の1割、法人税額の5%が上限)

(3) 法人事業税

寄附額の1割を税額控除(法人事業税額の20%が上限)

寄附を行うにあたっての注意事項

・寄附を行う見返りとして経済的利益を受けることは禁止されています。

・市内に本社が所在する企業は税額控除の特例の対象となりません。

・1回10万円以上の寄附が対象となります。

・寄附の払い込みについては、事業実施後、事業費が確定した後にしていただきます。

内閣府ウェブサイト 企業版ふるさと納税ポータルサイト(外部リンク)

企業版ふるさと納税によるご寄附及び信州大学航空機システム共同研究講座コンソーシアムへの寄附を賜りありがとうございます

この度、以下の企業様から企業版ふるさと納税によるご寄附及び信州大学航空機システム共同研究講座へのご寄附を賜りました。

寄附企業 :  株式会社一球

所在地 :  東京都中央区日本橋浜町3丁目34番地1号

寄附額 :  100,000円

企業版ふるさと納税について

泰阜村では、平成29年4月に旧飯田工業高校跡地を利用して開講した「信州大学航空機システム共同研究講座」を受講する学生を支援するため、平成29年6月に内閣府から「飯田下伊那地域で航空機を学ぼうプロジェクト事業」に対し地方創生応援税制(企業版ふるさと納税)の認定を受けました。

信州大学航空機システム共同研究講座コンソーシアムについて

旧飯田工業高校施設を活用し、日本で唯一、日本が欧米に比べて遅れをとっている航空機システム分野を学ぶことができる信州大学航空機システム共同研究講座が平成29年4月にスタートしました。この講座を支援するため産学官金によるコンソーシアムを組織しました。