泰阜村 :: 村の教育ビジョン
村の教育ビジョン

header.jpg

image007.gif

image008.gif

「泰阜村で暮らしてみませんか」  泰阜村長 松島貞治

初めて泰阜村を訪れた方は、「何という山の中!」と思われるようです。確かに、平坦なところがなく、集落は散在し、斜面にへばりつくように人家があるため、すべてが山の中という印象です。行政の重要な仕事は、この集落と集落を結ぶ道路の整備でした。そのため観光開発などに取組む余裕もなく今日を迎えました。おそらく、この風景も暮らしもかなり昔のまま伝承されているのでは、と思います。私は、泰阜村を紹介するときに「19世紀の村」といいますが、あながち的外れの表現ではないと思っています。
日本の戦後の高度経済成長期、農山村の若者は労働力として都市へ転出しました。その労働力によって今日の豊かな社会をつくり上げたのです。20世紀は成長の時代と言われますが、年ごとに豊かさを実感した時代でした。そして、21世紀。私たちは、さらにバラ色の時代、と思ったのでした。しかし、いま私たちの心は、決してバラ色ではありません。どこかおかしい、何か間違っている、と感じているのではないでしょうか。
19世紀は、貧しかったのかもしれません。しかし、貧しさの中でも、みんなで助け合い、支えあい一生懸命生きてきました。貧しくて進学できない人も多かったのですが、社会に出ても学ぶ意欲を持った人がたくさんいました。この時代の方が夢や希望を持って生きていたのではないか、すなわち心の充足感があったのではないだろうか、と思います。
最近新聞で「数値化できない価値」という表現を見て納得しました。そう、私たちの社会は、いますべてを数値化するようになりました。数値化できないものに価値を認めようとしない社会になりました。だからおかしいと思うようになってきたのです。
いま泰阜村は数値化できない価値を見つめ直そうとしています。教育は、テストでいい点数を取ることより、生きる力を育むことの方が必要です。自然体験、生活体験を通し、健全な心を育てます。その健全な心の上に学力をつけていきます。教育ばかりではありません。支えあう地域社会、すなわち人間同士のつながり、絆を大切にする村を作ろうとしています。
これを読まれたあなたも泰阜村で数値化できない価値を探し、幸せな人生を送ってみませんか。

「泰阜村で暮らしてみませんか」  泰阜村長 松島貞治


始めて泰阜村を訪れた方は、「何という山の中!」と思われるようです。確かに、平坦なところがなく、集落は散在し、斜面にへばりつくように人家があるため、すべてが山の中という印象です。行政の重要な仕事は、この集落と集落を結ぶ道路の整備でした。そのため観光開発などに取組む余裕もなく今日を迎えました。おそらく、この風景も暮らしもかなり昔のまま伝承されているのでは、と思います。私は、泰阜村を紹介するときに「19世紀の村」といいますが、あながち的外れの表現ではないと思っています。
日本の戦後の高度経済成長期、農山村の若者は労働力として都市へ転出しました。その労働力によって今日の豊かな社会をつくり上げたのです。20世紀は成長の時代と言われますが、年ごとに豊かさを実感した時代でした。そして、21世紀。私たちは、さらにバラ色の時代、と思ったのでした。しかし、いま私たちの心は、決してバラ色ではありません。どこかおかしい、何か間違っている、と感じているのではないでしょうか。
19世紀は、貧しかったのかもしれません。しかし、貧しさの中でも、みんなで助け合い、支えあい一生懸命生きてきました。貧しくて進学できない人も多かったのですが、社会に出ても学ぶ意欲を持った人がたくさんいました。この時代の方が夢や希望を持って生きていたのではないか、すなわち心の充足感があったのではないだろうか、と思います。
最近新聞で「数値化できない価値」という表現を見て納得しました。そう、私たちの社会は、いますべてを数値化するようになりました。数値化できないものに価値を認めようとしない社会になりました。だからおかしいと思うようになってきたのです。
いま泰阜村は数値化できない価値を見つめ直そうとしています。教育は、テストでいい点数を取ることより、生きる力を育むことの方が必要です。自然体験、生活体験を通し、健全な心を育てます。その健全な心の上に学力をつけていきます。教育ばかりではありません。支えあう地域社会、すなわち人間同士のつながり、絆を大切にする村を作ろうとしています。
これを読まれたあなたも泰阜村で数値化できない価値を探し、幸せな人生を送ってみませんか。