泰阜村 :: 柚餅子

農地を守る

中山間地域等直接支払制度

泰阜村農地流動化促進事業

泰阜村水田農業確立対策事業基金

目指せ6次産業化

源助かぶ菜

源助じいさんのおはづけ

泰阜村の柚子の話

柚餅子

柚子チョコをつくるまで

キクイモ

菊芋のぜいたく漬け

山を大事に

薪スタンド

リサーチ泰阜

川と共に

栃城養殖漁業組合

柚餅子

柚餅子

yubeshi.jpg

柚餅子の由来は、今から400年位前の江戸時代に遡ります。

当時、泰阜村は「南山郷」と呼ばれる天領で、年貢として、米の代わりに「くれ木」を納めていました。

そして、年貢を全部納めるとお祝いに「くれ木祭り」をしましたが、その折、酒のつまみに柚餅子を味わったそうです。

柚餅子は、柚子の中身をくり抜いて味噌・ゴマ。胡桃などを詰めて蒸し1ヶ月ほど日陰干ししてつくります。

伝統的な保存食で、今でも15軒くらいの家が、それぞれの家の味の柚餅子をつくっています。

そのうち、1件の農家が「柚餅子生産組合」を設立して、泰阜村の特産品として市販しています。

柚子の香りとほろ苦さ、具の甘みが絶妙の味わいです。

薄く切ってお召し上がりください。